韓国岳登山

 夜の天気予報で、明日は高気圧に覆われ、穏やかな晴れ、と。

よし、それなら一度、ミヤマキリシマを見てみようと思い立ち、

昨日(26日)韓国岳に登山してきました。

韓国岳には一昨年に一度登ってますが、天気が悪く視界も悪かった。

今回はその時のルートを逆方向に、また大浪池をコースに入れてみました。

画像


午前6時40分頃に大浪池登山口を出発。

画像


登山口から10m、登山届を提出。

野鳥の鳴き声を聞きながら整備された石畳の登山道を登って一汗かくと

視界が開け大浪池に到着。

画像


ここから右方向東回りに火口縁を歩き、少し下った所で西回りと

韓国岳への分岐がある避難小屋に到着。

分岐からすぐに急登な木段が続く。

以前、ここを下った時には木段が濡れていた事もあって非常に危険で

足を滑らすようなことでもあったらと思いながら苦労して下った経験が。

その木段を今度は一段一段登る。

30分も登れば樹林帯が開け、韓国岳山頂直下の道標、新燃岳、

高千穂峰が見えてくる。

画像


振り返れば大浪池。

画像


登山口から1時間40分、標高1700m韓国岳山頂へ。

画像


火口をのぞいて見る。

画像


もし、ここで突然噴火したら・・・。

山頂からの大浪池と新燃岳、高千穂峰。

画像


画像




下山はえびの高原へ。

画像


硫黄山周辺にもいっぱい咲いています。

画像


群生地のつつじヶ丘を抜けて再度、韓国岳避難小屋を目指します。

鹿が何処かに居ないかと森の中を歩きますが、居なかった。

しばらく歩き、木道を行くと大浪池の分岐に。

画像


ここを少し登り、大浪池の火口縁の残りを半周し下山しました。

画像


駐車場に戻ると、ちょうど5時間の山歩きでした。


登山口横にはこんな建物が

画像


昨年の御嶽噴火、箱根等最近の火山活動の活発化には心配です。


今日も最後まで読んでくれてありがとう。
ブログランキングに参加してます。ポチッとワンクリックお願いします。
 ↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • jion-bee

    韓国岳登山お疲れさまでした。
    とてもきれいなところですね。とっても気持ちよさそうです。
    活火山なのでしょうか?避難所があるのですね。
    ところで、口永良部島は大変な事になってますが、大丈夫でしょうか?
    日本の素晴らしい景色は火山の上に成り立っているのだなと、
    再認識させられました。
    2015年05月30日 15:59
  • へなちょこ

    Jion-Beeさん、こんにちは。
    もちろん霧島周辺は活火山です。
    高千穂峰の登山口、高千穂河原のも避難壕があります。
    口永良部島が噴火した時には野間岬をバイク練してましたが、まったく気づきませんでした。
    2015年06月02日 16:25

この記事へのトラックバック