リベンジ屋久島宮之浦岳登山

 10月18日~20日

昨年の春に登った屋久島宮之浦岳は残念ながら雨で何も見えなかった。

よって、リベンジすべく今年は秋口に登った。

そう、10月初めの開聞岳登山、10月13日の高千穂峰への登山マラソンは

この日の為の訓練でした。


DSCN1240.JPG
朝日に映えるとうふ岩


一日目は鹿児島本港から高速船で屋久島入り。

午後4時過ぎに淀川登山口に。

この日は50分ほど歩き、淀川小屋に泊る。


二日目は午前5時にヘッドランプを点け、暗い登山道を宮之浦岳に向け出発。

縦走路の途中、重いザックをデポして黒味岳へ。

DSCN1246.JPG
157432196714012686646-thumbnail2[1].jpg
標高1831mの黒味岳山頂は風が強く、ガスも掛かっていたので

ガスが晴れるのを待っていました。

その甲斐あってガスが晴れました。
DSCN1260.JPG
黒味岳山頂から見た花之江河(中央の四角い茶色部分)


DSCN1266.JPG
DSCN1267.JPG
DSCN1269.JPG
途中、ヤク鹿に出会いながら、九州最高峰の宮之浦岳。

DSCN1272.JPG
360度見晴らしが良い。

DSCN1274.JPG

DSCN1275.JPG

宮之浦岳を下山し、途中の分岐にザックをデポし、永田岳に。
DSCN1280.JPG
山頂から眺める景色は最高でした。

DSCN1285.JPG
DSCN1291.JPG

新高塚小屋へは午後5時に12時間歩き到着、疲れた。

小屋は満員だった。


三日目も朝5時に小屋を出発し、縄文杉、ウィルソン株、トロッコ歩道、辻峠、白谷雲水峡へと

下り、温泉へ立ち寄り午後4時の高速船で無事に鹿児島へ帰ってきました。

天候に恵まれ、二泊三日の屋久島三岳縦走登山はリベンジできました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント